×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

文字でいくら話し合っても伝わらない事がある。

    *

相手の息遣い。

声のトーン。抑揚。

言葉の間。

    *

愛も、怒りも、悲しみも、喜びも。。。

もっともっと伝えて欲しい。

。。。。。。。。。。。。。君の声が聞きたい。

 

 

 

 

 

ほんのちょっとの見栄から、自分を偽ることがある。

人には「そんな事気にしない」なんて言ってるけど、私が一番知っている。

私が一番気にしているという事を。

自分を好きになろう。

ありのままの自分を。。。

 

 

 

 

 

貴方の『好き』が、どのくらいなのかは、わからないけれど、私は貴方が好き。

きっと、私の『好き』が、どのくらいなのかは、貴方にはわからないでしょう。

だから、『どのくらい好き?』なんて聞かないし、『同じくらい好き』なんて言わないけれど。

私は貴方が好き。

それは、私が一番よくわかっていること。

そして、とても幸せなこと。

大好きだよ。ただそれだけ。

 

 

 

 

 

たくさんの人が目の前を通過する。

今日も、たくさんの人が、声をかけていく。

事実なのは、私の周りがとても賑やかな事。

・・・そして、私は孤独な事。

 

 

 

 

 

秘密を一人で抱えなければならない事の辛さを、君は知ってる?

君は、秘密を共有できる人。

君が知っていてくれる事。

それが、とても、救われる。

君がいてくれてよかった。

 

 

 

 

 

いつだって一番好き。

時々、一番嫌い。

一番仲良しだけど、喧嘩もする。

貴方と居ると、一番優しくなれて、
一番冷たい自分になってしまう。

そして、他の誰と居るより、一番安らげる。

君との間には、一番がいっぱい。

大好きだよっ!

 

 

 

 

 

 

 

2002冬・追記

長い月日の中で、色々な出来事を共に経て
あなたという、かけがえのない友を得られた事に感謝します。
お互いが其々の幸せを求めて、
今後、歩む道はちがうけれど
過ぎ去った日々を忘れることはないでしょう。
いつまでも、愛すべき友へ。
ありがとう。

 

 

 

 

My Room